ブログ

思えば遠くへ来たもんだ。

昨日、誕生日を迎えまた一つ大人になりました。
気がつけば向島に移住して7年目、
ここ向島集会所の管理人としても5年目となります。

「なぜこの島に?」
よくある質問ですがしいて理由をつけるとしたら
「何もないけど何でもあるからです」

おしゃれなカフェやコンビニどころか
この向島には自販機すらありません。
何せ全島民あわせて10数名しか住んでおらず
お金を使う、消費するところが無いのです。
しかし、見渡す限りの大自然には海と島
車も走ってない島ですから雑音もありません。
代わりに波の音、風の音、小鳥のさえずり、
四季折々の草花に海では魚が泳いでる。
そして定期船がありませんから
島外からは簡単に来ることができません。
島が丸ごとプライベート空間。

かたや100m隣の直島には
ベネッセのハイアートが島のあちこちに点在し
コンビニやおしゃれなカフェが建ち並び
国内外問わず多くの観光客で溢れており
その観光客もアートに興味関心のある層なので
人間的に面白い方がとても多い確率で出会えます。
そして直島へは本州、四国、どちらからも
毎日多くの定期船が行き来しており
高松や岡山など都会へ出るのも気軽に行けます。

ちょっと船で渡れば直島へ行くこともできるが
基本向島には誰も来ないのでひとりでゆっくりのんびり。
さみしがり屋のひとり好きな自分にはもってこいの場所。

さらに自分の船を持つ向島の民は
瀬戸内海を好きなように小船で彷徨えます。

そんな向島での生活も7年目。
生きていく術として直島のカフェで働いたり
はたまた海苔網の漁師として沖に出たり
縁あって4年前からここ向島集会所の
ゲストハウスの管理人として暮らしています。

こんなに面白い場所にあるのだから
多くの人が押し寄せるに違いない。
そう信じて始めたゲストハウス管理人でしたが
向島集会所はまったく順風満帆ではありませんでした。

まず向島集会所のコンセプトを「秘密基地」とし
好きなものを詰め込んだ隠れ家的な
子どもの頃に作った秘密基地を
大人になった今、あらためて構築し
秘密にするために取材などは極力お断りし
自らの宣伝も行わない方向で考えてました。
要はお金がなかったので宣伝できない言い訳です。

そりゃ秘密にしてたら誰も来ません。
けれども中身を磨くのが一番の宣伝だと信じ
厳しいルールを自分やスタッフ、ゲストにも課し
不自由の中にある自由を楽しめるようにし
取材を断っていたのもこれら向島集会所のコンセプトに
合わない層が間違えて訪れないための自衛で
自然が多い反面、虫など生き物も多く生息し
汲み取り式の便所だったりエアコンがなかったり
決して一般的な快適とは異なる環境に
やはりテレビやメジャー雑誌などで目立ってしまうと
明らかに場違い、勘違いな方が来てしまうと
ゲストにもホストにも双方にとって良くない状況を生み
結果お客さんの足を遠ざけてしまうくらいなら
確実な口コミによる宣伝が一番です。
なので未だにフライヤーどころか
自分の名刺すら無い状態です。
いや、いい加減に名刺くらい作らないと。

そして限られた取材にしても
最低限、向島集会所に来たことがある記者
しかも来てから3年以内の記事のみ許可してます。
向島集会所は日々変化してます。
スタッフがひとり入れ替わるだけでまったく異なります。
ゲストが入れ替われば、また向島集会所も変わります。
2年ほど前に実家から母親が向島に移住しました。
この2年は最も大きく変わったと思います。
ゲストも大半が海外からの外国人観光客となりました。
部屋の作りも頻繁に変更したりしています。
その為来島3年以内の記事のみに限定しています。

向島集会所はゲストハウスではありますが
アート活動のようなものだと私は思ってます。

ところでゲストハウスって何ですかね?
今の世の中はゲストハウスが流行っているのもあり
簡易宿泊のみならず様々な宿泊施設が名乗ってます。
古民家を改装したありがちなゲストハウス
兎小屋見たく寝るだけの今風なタコ部屋だったり
素泊まりの民宿でしょ?ってところ
並んだプレハブ小屋が名乗ってるのには驚きました。
「ゲストハウス」って言葉の意味が「飲食店」くらい
大まかなジャンル分けの単語になってますよね。

私が目指す形は手段ではなく目的となるゲストハウス。

よくあるのが観光地近くにある安宿。
黙っていても人が訪れる場所の近くにあれば
おのずと集客も楽になりますからね。
ここ直島なんて観光地の中でも特に恵まれた環境。
自分たちが何もしなくてもベネッセが毎年
巨額の資金を投資してアート作品を保持してくれてますから
直島=おしゃれの付加価値が勝手についてくれるので
街中じゃ普通のお店でも直島にあるだけで特別になり
頑張らなくてもお客さんは大量に訪れてくれます。
ここ向島も少し条件悪いけど同様です。
しかしそれはとても危険だと思っています。
ベネッセのアートに依存しているだけで
アートを抜きにしたら何が残るのって話です。
アートもいいけど向島集会所に行きたい。
そんなゲストが訪れてくれるように。

そのためにはまず自分が何よりも魅力的な人間になるのが近道です。
魅力的な人間になるためにこれからも

いっぱい遊ぶぞ!

2016

すでに2017年も2月に入っておりますが、

あけましておめでとうございます。

少しばかり時間を遡って2016年の様々な個人ベスト。

 

【書籍】
無人島に生きる十六人/須川邦彦」
明治31年、太平洋で座礁した十六人の男たち。なんとか無人島にたどり着き、どう生き延びたのか。実話を基にした冒険が面白かったです。

【映画】フィクション
シングストリート
アイルランドのさえない若者たちの青春群像劇。劇中の懐かしい80年代の音楽がたまりません。

【映画】ノンフィクション
ニーゼと光のアトリエ
ブラジルの精神病院にて人間扱いをされていなかった患者たち。ある女医が患者たちを救うべく苦闘する実話を基にした物語。

【演劇】
「テンテン/贅沢貧乏
コミカルに演じられていましたが内容は濃く演者たちの良さもさることながらストーリー展開の面白さに劇中に引き込まれ最後は泣きました。

【ライブ】
イ・ラン/神戸グッゲンハイム邸」
韓国の女性SSWイ・ランのバンドセットによるライブ。会場であるグッゲンハイム邸の良さもありますが彼女の佇まいから表現力、歌唱力、すべてが良かった。

【美術館】
イサム・ノグチ庭園美術館
高松にある完全予約制の美術館。イサムノグチが実際に使用していたアトリエ兼住居の跡地を美術館として展示されており、イサムノグチの圧倒的な世界観が凝縮されてます。直島を訪れたことのある方には是非とも鑑賞をおすすめします。

【イベント】
「otonotani天」
岐阜揖斐高原にて行われた音楽イベントotonotani。ひとまず2016年の開催が最終とのことでスタッフももちゃんやお客さんらと合流しての社員旅行として行ってきました。出演者はテニスコーツ、トクマルシューゴ、PARA、netwark、溺れたエビ、どついたるねん、など。個人的に国内で一番好きなフェスが終わってしまい悲しい気持ちです。

 

2017年も楽しい時間をたくさん過ごします。

 

向島集会所 管理人 よしお

 

unnamed-14

宮浦ギャラリー六区

 

いよいよ3年に1度の瀬戸内国際芸術祭が始まり

直島を含む瀬戸内の島々では多くの観光客が訪れ

ここ向島も多くのゲストが来島し

連日にぎやかな夜を過ごしております。

その瀬戸内国際芸術祭の春会期(3/20〜4/17)

直島宮浦ギャラリー六区にて

飯山由貴さんの「生きている百物語」が開催されてます。

向島集会所にて取材した内容(猫達の映像や島の話など)、

前から気になっていた猫おじさんなどとても面白い展示でした。

春会期に直島を訪れる方はぜひ宮浦ギャラリー六区

「生きている百物語」を鑑賞してみてください。

 

 

別腹

image

本日3/19より豊島の家浦にて

直島カフェコンニチハの山下さんと共同で

金栄丸食堂(きよまるしょくどう)を始めました。

向島集会所は11:00〜15:00の時間に

コーヒーや紅茶などのドリンクと

どら焼きなどのスイーツを担当します。

通称「別腹」

場所は豊島横尾館の近くにあります、

上川商店さんを間借りして営業します。

もちろん向島集会所も引き続き営業しております。

webサイトも新しくリニューアルした向島集会所。

今後もよろしくお願いします。

 

管理人 よしお